頑丈な結婚指輪 | 中国地方の手作り結婚指輪って?

HOME » 中国地方で手作り指輪 » 頑丈な結婚指輪

頑丈な結婚指輪

美しい結婚指輪は脆い

芸術品かと見紛うばかりに、美しい結婚指輪は心惹かれるものがあります。特に細やかな細工が施されているものは職人の技が光り、美術館に展示されていたとしても違和感はありません。
しかし皮肉なことに、結婚指輪が美しければ美しいほど脆くなっています。指輪をはめた指に少しの衝撃が加わるだけでも、すぐに崩れてしまいます。これでは、結婚指輪を普段からはめることができません。事あるごとに取り外さなければならなくなるので、無くしやすいリスクが付きまといます。

鍛造でつくられた指輪

結婚指輪を選ぶには、頑丈かどうかも見定めなければいけません。しかし見た目だけで、頑丈かどうかを判断するのは難しいことです。そこで手がかりになるのが、指輪の製造方法です。
指輪の製造方法には色んなやり方がありますが、頑丈な結婚指輪を探しているのなら、鍛造がおすすめです。鍛造とは読んで時のごとく、金属を徹底的に鍛え上げて制作する方法を指します。鍛え上げて作られた結婚指輪は、少しの衝撃で壊れることはないでしょう。

素材にも注目

頑丈な結婚指輪を探すのなら、素材にも注目です。素材を変えるだけでも、頑丈さは大きく変わります。数ある結婚指輪の中でおすすめしたい素材こそが、定番中の定番であるプラチナです。そもそも結婚指輪の素材にプラチナが使われている理由こそが、変質・変色がしにくい特徴を持っているからです。しかも加工がしやすく、どんな形も思いのままです。
ゴールドも、頑丈な素材の1つです。純度が高いゴールドよりも、純度低いゴールドの方が頑丈に出来ています。しかも値段も安いので、色々とお得です。

頑丈な結婚指輪の意外な盲点

頑丈な結婚指輪の唯一とも言えるデメリットが、サイズ直しが難しい点です。柔らかい結婚指輪の場合、指輪のサイズが変わっても対応可能です。しかし頑丈な結婚指輪ならば、後で手を加えるのが難しく、サイズ直しは厳しくなるでしょう。
でも万が一サイズ直しができなくなったとしても、チェーンを通してペンダントにすることもできます。