結婚指輪で人気の素材 | 中国地方の手作り結婚指輪って?

HOME » 中国地方で手作り指輪 » 結婚指輪で人気の素材

結婚指輪で人気の素材

結婚指輪ってどんな素材が使われるの?

これから結婚指輪について情報収集をはじめるカップルの中には結婚指輪に関する知識をあまり持たない状態で探すこともあると思いますが、指輪を選ぶときはファッションリングだろうがブラダルリングだろうがデザインの気に入ったものをチョイスしたいと考えるでしょう。
ただファッションリングとブライダルリングの大きな違いとして「トレンドに左右されない」という点があげられます。
ファッションリングの場合はそのときの流行りのデザインのものを購入しても構いませんが、ブライダルリングは長く身に付けることを想定して買わなければいけないのでトレンドを追いすぎると時代が流れた後に身に着けられなくなってしまいます。
また素材にも注目すると思いますが、結婚指輪の場合は基本的にプラチナが人気で、ほとんどの結婚指輪はプラチナをベースとしたものがメインになります。

プラチナリングのメリット

なぜ結婚指輪はプラチナベースの指輪がメインになるのかと言うと、プラチナは結婚指輪に適した素材だからです。
まずひとつめに劣化しにくいというメリットがあって、プラチナはシルバーのように錆びたりすることがほとんどありませんし、きちんとメンテナンスすればいつまでも綺麗な状態をキープできます。
さらに柔らかいので加工がしやすく、たとえばサイズ直しをしたい場合でもやりやすいのです。
せっかく買った結婚指輪なのに体型の変化によって指が大きくなってしまいつけられない、あるいはダイエットして指輪が大きくなってしまったということもあるでしょう。
このようにあらゆることを想定してもプラチナは素材として優秀なのです。

素材に決まりはない

ただし結婚指輪に必ずプラチナをつかわなければいけないルールがあるわけではなく、中にはピンクゴールドを使ったりするカップルもいますし、石もダイヤモンド以外にものを使って個性を出すところもあるみたいです。