結婚10年目に贈る結婚指輪 | 中国地方の手作り結婚指輪って?

HOME » 中国地方で手作り指輪 » 結婚10年目に贈る結婚指輪

結婚10年目に贈る結婚指輪

結婚10年目に贈る結婚指輪

結婚指輪を用意するタイミングはいつでもOKですが、なにかきっかけがないと贈りにくいこともありますよね。

もし指輪なしで結婚10年目を迎えたならそのお祝いに結婚指輪を作って贈るのもおすすめです。

実は結婚10年目は錫婚式という節目のお祝いの年となっています。

結婚指輪を用意する機会がなくこの節目を迎えた方は、そのお祝いを兼ねて結婚指輪を用意するのもおすすめです。


すでに結婚指輪がある方も10年経つと指輪がだいぶ痛んだり、サイズが変わったり、趣味が変わったりして昔のようにつけられない場合もありますよね。

そんなときはこの節目に結婚指輪をリニューアルするのもおすすめです。

このように結婚10年目という節目はちょうどいいタイミングとなりますから、結婚指輪のことが気になっているならぜひ新しく作ってみるといいでしょう。

どんな結婚指輪がおすすめ?

中国地方でもたくさんのショップや工房があり、よりどりみどりで結婚指輪を選べます。

結婚10年目だからとこのようなデザインが絶対におすすめというものはなく、基本的には好みで選ぶといいでしょう。

夫婦ともに年齢を重ね、あまり派手過ぎる指輪は使いづらいと思ったら落ち着いたデザインの結婚指輪がおすすめです。

逆に若いころにはできなかったオシャレを楽しめるようになったら、思い切ってデザイン性の高い結婚指輪にしてみるのもいいかもしれません。

結婚10年目という節目を何か指輪のデザインに反映させたいなら、10石のダイヤモンド、もしくは1.0カラットのダイヤモンドを指輪につけるなどする方法もあります。

一昔前に流行っていた慣習ですが、結婚10年目には夫から妻へ、10にまつわるダイヤモンドをプレゼントしていたのです。

今はダイヤモンドや10に関わらずプレゼントをする場合が多いですが、結婚10年目の節目という記念を指輪のデザインに込めたいなら10にまつわるダイヤモンドをあしらってみるといいかもしれません。

中国地方でもたくさんの結婚指輪が見つかりますし、オーダーメイドや手作りといった方法も可能です。

結婚10年目にふさわしいオリジナルの結婚指輪も作れます。